プール熱の潜伏期間

プール熱と潜伏期間

プール熱と潜伏期間プール熱のウイルスの潜伏期間についてご存知でしょうか。


プール熱は、アデノウイルスというウイルスが原因です。症状としては、眼とのどが赤くなり・結膜炎症状(目の充血、目やに)がでます。また、38~40度の高熱が4~5日間続き、食欲不振・のどの痛みはきけ・腹痛・下痢・咳などが見られることもあります。


アデノウイルスの潜伏期間は5~7日で、感染期間については感染力が強いのは急性期ですが、回復した後あるいは無症候性感染者からもウィルスが出ることがあって、そういった場合も感染源となります。潜伏期間としては同じ伝染病のインフルエンザの潜伏期間を超えています。インフルエンザウィルスの潜伏期間は通常1~3日程度なのです。プール熱かなと思ったら、お医者さんに診てもらってください。