冬のプール熱

プール熱は冬にも流行る

プール熱 冬プール熱は冬にも流行ります。


冬なのにプール熱が猛威をふるっている地域もあります。これまで、「夏のプール熱、冬のインフルエンザ」と言われることが多かったのですが、プール熱は通年型になってきたといえます。


今やエクササイズで水泳と言えば冬でも温水プールを使うのが常識のようですが、そのためか1年中プール熱が発生しているようです。プール熱アデノウイルスが原因です。せき、くしゃみ、プールの水などを通じてウイルスが口や目から入り感染していきます。結膜炎、のどの腫れを伴い、三九度前後の高熱が数日間続きます。インフルエンザの大流行やプール熱など各種の感染症が次々に発生する原因として、日本人の免疫力が低下していることが一つに考えられます。



冬にも猛威をふるうプール熱

プール熱 冬2プール熱は、冬にも猛威をふるうことがあります。乳幼児を中心に感染する咽頭(いんとう)結膜熱(通称プール熱)の患者数が、冬場に入ってもハイペースで推移している地域があるのはご存知でしょうか。実際、プール熱は夏と、冬の初めに広がりやすいのです。


プール熱を引き起こすのは、アデノウイルス。ウイルスに対する抵抗力や免疫を作る力が弱いと感染、発症しやすいからです。人体には、ウイルスなどの異物を攻撃したり食べてしまう細胞(免疫細胞)を生み出す機能が備わっています。しかし、現代の日本人は、ライフスタイルや食生活の変化、外部環境、ストレスの増大などのためにこの免疫力が衰えているようです。夏も冬も、感染症予防には、免疫力をつけておくことが大切です。