プール熱とアトピー性皮膚炎

プール熱とアトピー性皮膚炎

プール熱とアトピー性皮膚炎ここではプール熱とアトピー性皮膚炎について触れてみます。
アトピーでプール熱にかかると次のような症状が現れます。

プール熱による発熱のため、アトピーのかゆみが増す。
・入浴できず、アトピーの湿疹がひどくなる。
・解熱時の汗でアトピーの湿疹がひどくなる。


プール熱を引き起こすアデノウイルスに効く特効薬はありませんが、安静にしていれば、大抵4~5日でプール熱の症状は治まるので、あわてず冷静に対処してください。例えば夜中に高熱が急に出ても、症状がそれだけなら、救急で病院に向かう必要はありません。診察は翌日でも十分です。


プール熱と診断がつけば、自然に治るものなので、逆に安心できます。プール熱の診断は、医療機関ですぐに検査することができます。のどを綿棒でこすり、その綿棒を使って調べるキットがありますので、30分程度でわかります。