プール熱の症状

プール熱の症状プール熱の原因はアデノウイルス感染によるもので、症状としては高熱と結膜炎を起こします。詳しく言えば、感染後4~5日間の潜伏期間があり、その後38~40度の高熱が4~7日間続きます。熱はなかなか下がらず、元気もなくなります。ノドが赤く腫れ、4~5日間痛みます。咳が出て、扁桃腺炎を伴うことも多くなります。


同時に結膜炎の症状が出て、目が赤く充血し、痛み、目ヤニが出て、目を開けているのがつらくなります。眼の症状が強いときには、眼科での治療が必要になることもあります。


さらに頭痛、吐き気、腹痛、下痢などの症状を伴うこともあります。プール熱の原因であるアデノウイルスに直接効く薬はなく、なんといっても症状に応じた対策と二次感染予防が大切です。プール熱の症状がひどい場合は病院に行って診察を受けましょう。

▼プール熱の症状
潜伏期間:感染後、4~5日間
咽頭炎の症状
プール熱の症状
高熱(38~40度)が4~7日間続く
ノドが赤く腫れ、4~5日間痛む

扁桃腺炎になる場合もある
頭痛
吐き気
腹痛
下痢
などの症状がでることもある。
結膜炎の症状
プール熱の症状
目が赤くなる
目ヤニが出る
眼科での治療が必要になることがある