プール熱とは

プール熱とは咽頭結膜熱(プール熱)とは、夏にプールを介して学童のあいだに流行するので「プール熱」の名がありますが、プールに入らなくてもうつります。


プール熱は夏以外にもみられ、39~40℃の高熱が4~5日続き、のどの痛みが強く、目も赤くなります。さらにプール熱は頭痛、吐き気、腹痛、下痢を伴うこともあります。プール熱はアデノウイルスが原因で引き起こされる病気です。プール熱かなと思ったら、まず病院で診てもらいましょう。

プール熱とは高い熱が何日も高熱が続くので不安になりますが、解熱薬を使いすぎないようにしましょう。のどは痛く熱も高いので、食欲がないのはしかたありません。ですので、プリンやゼリー、アイスクリーム、冷ましたおじや、とうふ、冷めたグラタンなどがよいと思われます。