プール熱にかかってしまったら

プール熱にかかったらプール熱は医学用語では咽頭結膜熱といいます。プールを介して学童のあいだに流行するので「プール熱」といわれます。しかし、プール熱はプールに入らなくても飛沫感染でうつります。


プール熱予防のため、プールを利用される方は、プール利用前後には洗眼、手洗い、うがいを十分に行い、身体をシャワーでよく洗ってください。利用者間でタオル等の共用も避けたほうが賢明です。もちろん、体調がすぐれない人(結膜炎や微熱、下痢等の症状がある人)はプールの利用を控えるようにすることが望ましいと思われます。

もし、プール熱にかかってしまったら家庭で気をつけることは、水分は十分にとることです。プール熱による高熱のため、脱水症状になるおそれがあるからです。麦茶やイオン飲料、牛乳、みそ汁、冷めたポタージュスープなどがよいでしょう。