アデノウイルス抗体検査とプール熱

プール熱とアデノウイルスアデノウイルス抗体検査とプール熱についてお話します。プール熱とアデノウイルス抗体についての情報を知り、夏前にプール熱対策をしましょう。


プール熱を引き起こすのは、アデノウイルスの3型が多いですが、1、4、7、14型もあります。発熱をもって発症、頭痛、倦怠感、咽頭痛、結膜充血、羞明、流涙を訴え3-5日程度持続します。こういった症状のほかにも、急性期と回復期のペア血清からのアデノウイルス抗体上昇検査等を通して、プール熱と診断されることがあります。


幼児から小学生に多いのは、アデノウイルスに対する抗体を持っていないことが多いからですが、手指を口に入れやすい、顔の近くでワーワーしゃべる、プールに入って水を飲みやすいなどもうつりやすい理由です。しかし、成人もうつることがありますので気をつけてください。