プール熱に実際かかったときは肺炎などにご注意

プール熱実際の症状通常のプール熱の症状としてはご存知の方も多いでしょうが、39~40度の高熱が4~5日続き喉の痛みが強く(咽頭炎の症状)、目が赤く、目やにが出ます(結膜炎の症状)。しかし、プール熱の原因であるアデノウイルスの感染は必ず咽頭結膜熱の症状をきたすという訳ではなく、時として扁桃炎、肺炎などの呼吸器疾患、胃腸炎などの消化器疾患、出血性膀胱炎などの泌尿器疾患から、肝炎、膵炎、脳炎などにいたるまでさまざまな臨床症状を起こす可能性があります。

※詳しくは、当サイト「アデノウイルスの起こす、(プール熱以外の)感染症」


プール熱にかからないためには、プールから上がったらよく目や手を洗うことが大切です。シャワーでプールの水をよく流してください。ただ、感染するのは、プールに限りません。よくうがいをし、かかったら家ではタオル、洗面器、食器などを家族と共用しないほうがいいでしょう。